fc2ブログ
コーヒー好きの独り言

プロフィール

BlackCoffee1964

Author:BlackCoffee1964
喫茶店を中心にマッチを集めています。
20年以上のブランクを挟み2014年より収集を再開しましたが、最早絶滅危惧種化しており、当ブログでは昔のマッチの紹介が多いです。
興味がある方はどうぞ・・

よろしくお願いします。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

ん (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



栃木県下野市「櫻木戸(ロッキード)」

「樹亭」と同じ小金井駅東口。「樹亭」とは逆方向に歩いて5~6分ぐらい。
「肉の富田」の可愛い看板の斜向かいの角。
Image-8.jpg

Image-5.jpg

Image-10.jpg
店内に入るとカウンターと左側にテーブル席。窓側のテーブル席に座った。
店内には絵画や鉄道写真、手作りらしい可愛い飾りもある。
Image-1.jpg
Image-11.jpg


Image-3.jpg
一度目はホットコーヒー
Image-4.jpg
カフェオレを注文した事もある
Image-2.jpg

マッチを所望するが、もう無いとの事。
以前、店が火事になり、それ以来置いて無いらしい。
ロートレックの図柄だったようだ。見てみたかった。写真は店主のご主人が撮影したようで、多趣味の方かもしれない。

ほどなくして常連の男性客が来店。店主が私がマッチを集めていると話したところ、その男性が興味を示してくれ「今度家にあるから、持ってくるよ」と仰った。

その後、しばらくしてから再訪した。
すると先日の男性がマッチを預けてくれていたらしく、沢山のマッチを出してくれた。小山市や宇都宮市周辺の喫茶店はじめ飲食店や理容室。東郷青児氏のイラストのマッチもある。これは凄いなとマッチを一つずつ見ながら唸るばかり。
Image-7.jpg
店主も「良かったわね」と喜んでくれる。

その後、数回訪問しているが、件の男性にはお会い出来ていない。
いつかちゃんとお礼しなければ。
スポンサーサイト




栃木県下野市「樹亭」

宇都宮線小金井駅東口から徒歩3分程度のところにある「樹亭」
何度か訪問している。
「いつき」と読むのかと思ったが「じゅ」だった。
タクシー会社の目の前にある。
20230307063724137.jpeg
扉を開けると左側にカウンター席、右側がテーブル席。
4人掛けテーブルが4卓ある。
カウンターには、常連さんが居らっしゃるため、奥の席に座る。
20230307064646418.jpeg
ホットコーヒーを注文した。
20230307063543b5f.jpeg
その日によってカップが変わる。
20230307063547ae7.jpeg
愛想の良い女性店主。どことなく浅草橋「smell」のママさんを思い出す。

メニューやマッチに大きな樹が描かれている。
20230307063542baa.jpeg

20230307070311b61.jpeg
「改装前に中庭に大きな樹があって、それをデザインした」と伺った。
その樹は現在も店内に柱として使われている。
店主の樹への思い入れが感じられる。
20230307063540c72.jpeg
以前も素敵な店だったのだろう。

「マッチを貰いにこの前は大阪から女性が来た」と仰る。
Twitterかinstagramのフォロワーさんだろうか・・・・

何度来ても落ち着く店。
小金井始発の宇都宮線の時刻に合わせて退店した。
202303070635498ae.jpeg

20230307063548b44.jpeg

20230307063552f43.jpeg

202303070635447e6.jpeg


埼玉県東松山市「あすなろ」

東松山五領町公園の前にある一軒家喫茶店。
赤い三角屋根と店の周りに植えてある木々がマッチしている。
20230305180406032.jpeg

20230305181024c8e.jpeg

2023030518102582d.jpeg

訪問した時は東松山市在住の実姉と姪と待ち合わせしていた。
4月上旬。開いた窓から入り込む風が気持ち良かった。
20230305180400f9e.jpeg
ホットコーヒーを注文。
20230305180402064.jpeg
姉と姪も合流し、しばし時間を過ごした。

会計時にマッチを所望すると「古いマッチだけどね」と言いながら手渡してくれた。優しそうな店主ご夫婦。

マッチ箱は新寸四型の薄いタイプ。
2023030518152220a.jpeg
マッチに描かれている木は翌檜なのだろう。
2023030518102075d.jpeg
東松山文化会館(現文化センター)前とある。
近いが「前」ではない。以前は現公園の場所にあったのかもしれない。
20230305181521e56.jpeg

20230305181023844.jpeg

実姉は「あすなろ」が気に入ったようで、その後も何度か訪問しているらしい。

大阪府大阪市中央区「鎗屋町 街の灯り」

閉業した喫茶店を居抜きのまま、若い経営者が引き継ぐケースを見聞きする。
「鎗屋町 街の灯り」は、「森元」という珈琲店だったが、2018年から現店主が引き継いでいる。
店主さんは以前、母親と喫茶店をやられていたらしい。店名のは堺正章氏の歌の名前から。と、この辺りはネットの情報。
訪問したのは11月。美々卯で食事した後、歩いて向かった。大阪の街に慣れていない事もあり、かなり歩いた。
店に着いた時はかなり汗をかいていた。
お店は角地にあり、雰囲気のある佇まい。
2023022723532540b.jpeg

2023022723532062c.jpeg
「街の灯り」と聞くと、堺正章氏の歌より、いしだあゆみさんの「ブルーライトヨコハマ」のイントロを思い出す・・・

店内は奥に縦長。小さめの箱。
プリンにも惹かれたが、満腹のためアイスコーヒーのみにした。
銅製のマグ。アイスコーヒーはこのタイプが好み。
20230227235323fac.jpeg
カウンターには常連客らしき人が店主と会話している。こういう光景に喫茶店の日常を感じる。
20230227235322369.jpeg
マッチは一個100円で販売していた。シール貼りのタイプ。何種類かあったが、2パターンを購入した。
202302272353194d7.jpeg
曜日により、深夜喫茶として夜遅くまで開いているらしい。
20230227235317734.jpeg
なぜに鯛?
20230227235316fb6.jpeg
色々なカタチでも喫茶店文化が続くのはやはり嬉しい。

埼玉県さいたま市浦和区「エビスヤ」

ホットケーキが有名な「エビスヤ」
浦和駅西口を出て細い路地の2階にあった。
窓からは浦和駅を行き交う人達を見渡せた。
何度か訪問しているにも関わらず、写真が残っていなかった。
ホットケーキを撮った筈だが・・・
その「エビスヤ」も浦和駅西口の再開発により、2022年4月に閉店してしまった。

閉店情報が流れた後に店を訪問するのは、日常では無くなる事が多く、
その雰囲気が好きでは無いため、そっと見送った。

2023年2月の降雪の日、浦和で映画を観た後、珈琲でも飲もうと
グーグルマップで近隣の喫茶店を探したところ、「恵比寿屋」を発見。
もしや?と思い向かってみた。歩いて数分。
洒落た飲食店が並ぶ小路、2Fに「恵比寿屋」があった。雪がちらつく。
20230226200704ea7.jpeg
階段を上がってみると「SHOT BAR 23」と共に「恵比寿屋喫茶店」と書かれている。
どうやら二毛作らしい。
202302262007100ce.jpeg
店内は入ると左右に分かれている。左側のテーブル席に先客が居たため、右側へ。
こちらがSHOT BARなのか。カウンター後ろには洋酒が並ぶ。
20230226200707ced.jpeg
どことなく神田珈琲園の2Fを思い出す。
202302262007085bc.jpeg

ホットケーキも考えたが、あまりお腹が空いてなかったため、カフェオレを注文した。
見たことのある女性店主に伺ってみると、やはり西口から移転されたとの事。
マッチを訊ねてみると、昔のマッチだけどと手渡してくれた。白黒のツートンカラーのマッチ。
2023022620070635c.jpeg

20230226200712e40.jpeg

202302262007140a0.jpeg
今度はホットケーキを食べに来よう。